介護の資格を取得するには?

MENU

ケアマネージャーになるには?

ケアマネージャーは、介護支援専門員とも呼ばれている国家資格の一つです。主な仕事内容は、介護を利用している人を理解し、希望を考慮し、適切な介護サービスを提案する事です。そして、施設利用者と施設の従業員、介護保険施設や市町村をつなぐ役割があります。

 

簡単に言うと、介護全般の相談を請け負う介護コンサルタントと言った所でしょうか。ケアマネージャーは、希望に応じたケアプランを作成し、介護の準備を行います。利用者本人はもちろん、家族の要望や施設のサービス内容と照らし合わせてケアプランを作らなければいけません。他にも、給付管理や要介護認定の業務、介護自体に関わる事もあります。

 

介護が必要な人は、介護を受けるときにケアマネージャーと契約を行います。そこで、ケアマネージャーが様々なサービスを提案し、希望にそったサービスを選択し、介護を受けるようになるのです。100パーセント希望通りとはいかないでしょう。人員に空きがない場合や、サービスを行っている施設が無い場合もあります。そういった時の問題を解決するのもケアマネージャーの仕事なのです。

 

ケアマネージャーは、新しい介護福祉の仕事です。その為ケアマネージャー自体の数も少なく、多くの施設から需要のある資格なのではないでしょうか。その為待遇も良く、給与も月30万円以上だと言われています。しかし、ケアマネージャーになるまでの道のりは長く、とても大変な物なのです。しっかりと勉強をし、ケアマネージャーの資格を取得しましょう。

 

当サイトのトップページでも、浅田哲臣の東大式記憶術というケアマネージャーの資格取得のための教材を紹介しています。ケアマネージャーの山口あやこも教材の監修に関わっている安心の教材です。ケアマネージャーを目指す方は必須の教材と言えるでしょう。

 

ケアマネージャーは独学でも合格可能です。がんばりましょう!